ブログ

背筋を伸ばすのは不健康。背骨はS字を保ちましょう。

投稿日:

背筋を伸ばす=身体の柔軟性が失われる

僕のところに来ていただく皆様のほとんどが「背筋はピンと伸ばしたほうが良い」と思っていらっしゃいます。

確かに見た目は良いかもしれません。
でも、それが原因で身体の不調がおきているとしたら、あなたは人の目を気にしすぎるために自分の健康を犠牲にしていることになってしまいます。

人間の背骨は本来S字のカーブを描くものです。
それを強制的に真っ直ぐにさせてしまったらどうなると思いますか?

人間の上半身を横から見たところ

背骨は小さな骨の積み重ね。不自然な角度では隙間が潰されてしまいます。

「椎骨」という小さな骨が積み重なっていわゆる「背骨」というものができあがります。
この背骨が本来あるべきS字カーブを保つことで、適度な空間ができるのでそこから神経線維が身体の隅々に伸びていきます。

背骨からたくさんの神経が伸びている

これが不自然に真っ直ぐになってしまうと、隙間が無くなって神経が圧迫されてしまいます。
(もちろん本来よりも過度に曲がってしまっても隙間が無くなってしまいます。なにごとも良い加減で)

背筋を伸ばすということは、本来あるべき姿ではありません。筋肉が緊張してしまいます。

スポーツをされている方ならイメージしやすいとは思いますが、常に力が入っている状態で良いパフォーマンスはありえないと思います。
身体の力を抜いて、必要な時に必要なところに必要なだけ力を入れることが自在にできれば、非常に良いパフォーマンスが生まれるはずです。

社会人として働かれているみなさんは、必ずその仕事のクセが身体に現れています。
そのクセを整えながら脱力していくことで、今抱えているお体の悩みを解決していきましょう。

-ブログ
-

Copyright© M2F , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.