ブログ

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事 ~神尾哲男~ 【感想・書評】

投稿日:

前立腺がんのステージⅣと診断されてから、脊髄と鎖骨、鼠径リンパ節への転移がを知ったフレンチシェフである神尾哲男氏。

病院での治療に限界を感じ自らの食生活を変えることで、結果的に抗がん剤などに頼らず末期がんと診断されてから14年間生き続けたシェフ。
そのがんに立ち向かったシェフの食事術についてまとめられた本です。

「がん」というのは生活習慣病です。
個人差はあるものの、やはり日々の生活習慣…、特に食生活が大きく影響しているのは僕も常日頃感じています。

普段の食生活がどれほど健康的な食生活からかけ離れているのか、一度ぜひ皆さんにもご自身の食事に向き合うためにも読んでいただきたい本です。

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事
《感想と思考》

「俺は料理人。そうだ!食で病を治すんだ!」抗がん剤に見切りをつけたシェフのとった行動

著者である神尾シェフは、もともと病院嫌いの医者嫌いだったそうです。
僕の知り合いの方でも飲食業界で仕事をしている方たちで、積極的に健康に気を使う方は少ない印象があります。

そんな神尾シェフも、さすがに末期がんと診断されればそうも言ってられない状況。
しかし実際に病院での治療において「抗がん剤治療」について調べた神尾シェフは、抗がん剤ががん細胞を無くすものではないのだと理解すると、最終的に病院での治療を中止し、「食べ物は命のもと」であると考えました。

その決意をしてからシェフは、それまで一切食べてこなかった「和食」に注目をして食事を変えていきました。

そう、どんなことでも人種・生まれ育った環境というのを無視することは不自然なこと。
欧米人の体つきと日本人の体つきを見れば明らかです。
食べ物でもそうです。その土地でとれたお米はその土地の水で炊くのが旨い。そういうものはきっと大切にすべきなんだと改めて感じました。

実際に神尾シェフがとった食事の内容が具体的に分かるように書かれています

塩、醤油、味噌、油、砂糖、みりん、酢
これらの調味料をまず変えるところが基本になると、話しがあります。

スーパーにいくとついつい「あ、20円安いからこっちにしよう」という発想で買い物かごに少しでも安い調味料を入れてしまいます。

でも、かりに一ヶ月で使い切る調味料が300円高かったとしても1日あたりで10円の差しかありません。

ご自分のため、ご家族のためにその1日あたり10円をケチってしまっていいのでしょうか?

もちろん全てのものを健康的なものに置き換えることは、実際やろうとすると本当に大変だと思います。

でも、これからの日本において、いつまで日本政府が今の保険制度を保ってくれるか分かりません。いずれ欧米のように自由診療化となる日が来てもおかしくありません。
そうなったら「とりあえず病気になったら病院に行こう」とはならなくなってしまいますよね。

「食」というのは健康の基礎であるのは間違いありません。
肩こりや腰痛などの慢性痛も、食生活の乱れによって引き起こされることもあります。

この本では、本当に分かりやすく「体に良い食事とは何か?」ということが分かりやすく書かれていますし、僕自身が読んでも偏った考えでもないと感じています。

最後に

これをすれば「がん治る!」ということはありません。
でも、がんはそれまで自分の身体に負担をかけすぎていた証拠とも言えると思います。

神尾シェフは51歳で、末期がんに気づきました。
整体の仕事をさせていただいていも、40代を過ぎてくるとかなり身体のアチコチが悲鳴を上げているという方が多くいらっしゃいます。
そして、30代でもこのストレス社会やスマホ・パソコンを使った長時間労働によって身体に不調を訴える方が多くいらっしゃいます。

人間の身体は生まれ持ったものを除けば、あとは全て食事から作られます。
身体に気を使うということは、食事を気を使うということでもあります。

この本は間違いなく今の食生活を見直すきっかけを与えてくれる本だと、僕はみなさんにオススメしています。

-ブログ
-

Copyright© M2F , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.